借金返済に困ったら!?知ってよかったと思う情報が満載です!

借金返済における弁護士や司法書士の役割は??

借金返済で困っている人の多くは、最初に計画的な借金返済を考えなかった人のようです。最近では、キャッシングがテレビコマーシャルに登場し、お金を借りることが簡単にできるようになりました。お金が足りない場合、甘い気持ちでついつい多めにお金を借りる人が増えています。そうして、いざ借金返済になると、返済額を捻出できなくなります。特に、存在そのものが法律に違反しているヤミ金融などは、お金を借りる時には利息は安いとうたっています。できれば、誰でも借金返済に苦しみたくありません。そこで、甘い言葉に惑わされて、ヤミ金融に引っかからないようにしたいものです。借金返済に苦しまないように、ヤミ金融の見分け方を知っておくことはとても大切です。ヤミ金融は、まず連絡先が携帯電話しかありません。また、広告にブラックOKなどと記されていて、年金を担保に融資するといった言葉が書かれています。また、融資額がとても多いのに、年利がすごく低く示されていたりします。また、ポスティング広告などに、宝石や家財道具などを担保に融資できると書かれています。こうした甘い言葉に誘われると、借金返済ができない場合も、必要以上に取り立てられ精神的にも苦しむことになります。借金返済に苦しまないためにも、ヤミ金融の恐ろしさを知っておくと良いでしょう。

借金返済における支払い督促

テレビドラマなどで、消費者金融からお金を借りて、借金返済が出来なくなると、ちょっと危ない人が自宅に何度も押しかけてくるという場面を見た人は多いでしょう。世の中には、お金を借りる機会は、テレビやラジオコマーシャルなどで流れているので、たくさんありますが、その借金返済になると問題は深刻になります。お金を借りる時には、借金返済計画を立て返すこと第一に考えなくてはなりません。そうでないと、支払い督促に怯えるといった悪循環が始まります。けれども、借金返済における支払い督促は、債権者が簡易裁判所に申し立てて初めて始まります。裁判所は、支払い督促の申し立てに対して、間違いがないか、書面で審査をしてお金を借りている債務者に支払い督促状を送ることになっています。支払い督促を受け取った債務者は、その督促の内容に間違いがないか確認し、もし、借金返済がきちんと行われている場合には、意義を申し立てることができます。支払い督促が届いてから2週間以内に、意義申し立て書を記入して裁判所に送ります。その後、訴訟になります。もしも、お金を借りているところが、ヤミ金融であれば、ヤミ金融は存在そのものが、法律に違反するものなので、訴訟では、借金返済はしなくても良いことになります。けれども、意義申し立て書を提出せずに放っておくと、強制執行を受けます。

借金返済における特定調停のデメリットは??

私達が生活していく中では、大型電気店や百貨店などからクレジットカードを作ることを促すような、いろいろなキャンペーンが開催されています。多くは、クレジットカード機能とそのクレジットカードを作った店のポイントが貯められて、それを現金で還元されるといったようなものです。ところが、このようにしてクレジットカードを作っていくと、手元にクレジットカードがどんどん増えていきます。クレジットカードは、お金が無くても買い物が出来る、またはキャッシングできる、一見とても便利なものです。けれども、カードに対する借金返済は、キャッシングや商品購入のかなり後になって請求が来るものです。その頃には、借金返済が何故か自分のことではないような気になってしまいます。そして、借金返済のために、数あるカードを次々に利用していくようになります。これが多重債務です。こうしたクレジットカードの使い方により、借金返済に苦しむ人を、少しでもなくすようにと設立されたものが、財団法人クレジットカウンセリング協会です。借金返済に苦しむ前に、人々にクレジットを正しく使うよう啓発したり、借金返済に現在苦しんでいる人に対して、カウンセリングを行っています。

借金返済における特定調停のメリットは??

借金返済が計画通り行かない時には、債務整理をします。借金返済を減額してもらうために特定調停を選択した場合には、いくつかのメリットがあります。まず、一部の債権者を除外できます。これは、保証人になってもらった人に迷惑を掛けないようにできるため、大きなメリットです。借金返済のための債務整理には、自己破産や任意整理がありますが、この二つと違うのは、特定調停を進めていく間に何らかの理由で、手続きを中止することが可能です。特定調停は融通の利く債務整理であると言えるかもしれません。また、自己破産を申し出た時、免責不許可事由を負った場合でも、特定調停は執行できます。借金返済で悩んでいる人にとって、特定調停は他の手続きよりも簡単に手続きを進めることが出来ます。これは、自己破産や個人版民事再生よりも、手続きを進めていく上で、用意する必要書類が少ないことからも分かります。そして、こうした手続きが複雑ではないということによって、借金返済で困っているということを家族の誰かに知られることもなく、借金問題の解決策として特定調停の手続きを進めていくことが出来るのは精神的にもメリットだと言えます。ただし、借金返済が出来なくなり、しだいに借金返済額が膨れ上がるまえに手続きをしておきたいものです。

借金返済における特定調停の申し立てをするには??

借金返済がこの先不能になる可能性がある場合、特定調停の申し立てをします。特定調停を申し立てるには、お金を貸した金融機関の本支店の所在地がある直轄の簡易裁判所に申し立てます。ただし、複数の金融機関に借金返済をしている場合には、金融機関の本支店の所在地がばらばらであることもあります。そんな時は、借金返済額の一番多い金融機関の所在地を直轄している簡易裁判所に申し立てをします。その裁判所で、すべての債権者である金融機関の一括処理が出来ます。裁判所の中には、他の裁判所に移送されることもあるようです。また、自宅から直轄裁判所が遠くなる場合には、近くの裁判所で受け付けてもらうことも出来るようです。借金返済額を減額してもらう一番簡単な手続きが、この特定調停だと言えます。特定調停を申し立てる時の必要書類は、申立書、関係権利者一覧表、後は債務者に関する資料が必要です。つまり、収入の明細や支出明細、資産明細などの資料がそれに当たります。また、債権者との借金返済明細や住民票や戸籍謄本、課税証明書などが必要となります。借金返済が将来できなくなるのではないか、という不安がある場合は、少しでも早いうちに、特定調停などの方法を利用していくことによって、精神的な不安からも救われます。


最新登録サイト表示

# サイト名 PR リンク

TOP紹介サイト

# サイト名 PR リンク

登録フォーム

ページランク7以上の方が申し込みできます。

下記リンクタグを掲載後にお申し込みください。

<a href="http://www.ateesoft.com/" target="_blank">http://www.ateesoft.com/</a>

サイト名と紹介文
( 30 文字以内 )

タグ [ < ,> ] は使用不可。 編集・削除機能はありませんので慎重に!
登録ページURL
末尾が 「 / 」 のURLしか登録できません。